屋島の禿狸

|

 

こんにちは( ´ー`)ノ フロント ミィです!

 

 

昨日も『もののけ姫』が放送されていましたが、夏になると、ジブリ作品がよくTVで放送されますね。

 

昨日ジブリを見ていたら、ふと思い出した屋島の狸伝説をご紹介します。(笑)

 

2008-10-23T03_59_01-59e93.jpg

 

 

皆さんは、ジブリの『平成狸合戦ぽんぽこ』をご覧になったことはありますでしょうか。

 

タヌキ達が自分達の住処を守るために、人間達に蜂起するお話ですが、その中で屋島の禿狸「太三郎狸」が出てきます。

 

『太三郎狸』とは佐渡、淡路とともに日本三名狸に数えられる狸で、四国の狸の総大将といわれています。

 

また、弘法大師が四国八十八ヶ所開創の際、霧深い屋島で道に迷われ蓑笠を着た老人に山上まで案内されました。

 

その時の老人こそが屋島の太三郎であった。とも言われています。

 

他にも『太三郎狸』にはいくつかのお話がありますが、全部かくと、なが~くなってしまいますので興味のある方は

 

調べてみてください!高松には太三郎狸の他にも狸伝説がいくつかあるのでおもしろいですよ(^^)

 

ということで、現在では、『太三郎狸』は高松市の屋島寺にて家庭円満、縁結び、水商売の神、子宝を授け福運を

 

もたらす狸として祭られています。

 

屋島に観光に行かれた際にはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

このブログ記事について

このページは、フロント ミィが2014年7月 5日 17:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新しい趣味」です。

次のブログ記事は「上手な日焼け止めの選び方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0