上手な日焼け止めの選び方

|

夏の際に、いつでも悩んで問題があります。日焼け止めのことですね。特に女のこです。

日焼け止めを選ぶときに気をつけることをいくつかご紹介したいと思います。

■1.肌への負担が少ないものを選ぶ

まず大前提として覚えておきたいことは、どんなに機能が優れている日焼け止めでも、肌にとっては「異物」だということ。

クリーム、ローション...どんな形状であれ、あくまでも目的は紫外線から肌を守ること。ファンデーションやメイクと同じで、日焼け止めも「帰宅したら、速やかに落とす」が理想です。朝つけてから落とすまでの長い時間、肌の上に乗せている日焼け止め。だからこそ、できるだけ肌への負担が少ないものを選びたいですね。

■2.SPF値やPA値の高さだけで決めない
日焼け止めの効果というと、真っ先にSPF値やPA値を考える人は多いでしょう。「SPF値もPA値も高いものをつけておけば安心! 」と思いがち。ですが、日常的な生活シーンであれば、夏でもSPF25、PA++程度で十分です。

高い数値の日焼け止めは、長時間太陽の下で過ごすレジャーやスポーツのときにおすすめ。使うシーンごとに日焼け止めを使い分けできたらベストですが、1~2回のレジャー用に買うのはちょっと...という方もいらっしゃるでしょう。そんなときは、普段使っている日焼け止めでも、こまめに塗りなおして、ムラになったり落ちたりしないように気をつけるといいと思います。
 

■3.「夏=ウォータープルーフタイプ」ではない!
マスカラやアイラインでおなじみのウォータープルーフタイプは、落ちにくい&崩れにくいことで夏のメイクアイテムとして人気です。同じような感覚で、夏の日焼け止めも汗や皮脂に強いウォータープルーフのタイプの方がいいのでは? と、思いますよね。

汗や皮脂に強いということは、それだけ肌との密着度が高いということ。肌への負担が高くなるだけでなく、しっかり落とすためにクレンジングの負担も高くなります。外出の機会が多く汗をかきやすい人や、なかなか化粧直しできない環境の人であれば、ウォータープルーフタイプを利用するメリットがあります。が、室内で過ごすことが多いとか、汗や水で流れる心配がない人は、ウォータープルーフというよりも、手軽に塗り直ししやすいタイプのほうがおすすめです。

では、実際にどんな塗りかたをすればムラなく塗ることができるのでしょうか? ここでは、乳液タイプと、クリームタイプを例にご紹介します。

◆乳液タイプの場合
顔全体に広げやすく、ゆるいテクスチャーの乳液タイプは、手の平にとってから、指の腹を使って、顔の中心から外側に向かってやさしくのばしていきます。

目元や口元、小鼻の周り、眉間、耳や輪郭部分も忘れずに、丁寧になじませます。

◆クリームタイプの場合
乳液タイプよりも少し固いテクスチャーのクリームタイプは、顔の上で直接塗ろうとすると、思うように広がらず、ムラになりやすいです。

そこで、手の平にとったクリームをまず両手に広げるようにこすり合わせ、その手の平を顔の上にそっと押さえこんでいく、という方法がおすすめです。「これって、ちゃんと塗れてるの? 」と不安になりそうですが、思っている以上にムラなくまんべんなく、かつ簡単です。もちろん、手の平で行き届かない小鼻の脇や目の際などの細かい部分は、指の腹を使って忘れずに押さえてください。

避けられない紫外線。だからこそ、「しっかり対策」そして「楽しく対策」して夏を過ごせたらいいですね。



 

このブログ記事について

このページは、ていちゃんが2014年7月13日 19:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「屋島の禿狸」です。

次のブログ記事は「いいことありそう★」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0