最後の寺へ

|

こんにちは、フロントMacです。

時がたつのは早いもので、もう梅雨に入りますね。実はこの梅雨という季節、四季の中でも最も情緒溢れる

日本らしい時期なので、個人的には一番好きなのですが皆さんはいかがですか?

特に、「雨」と「寺」の組み合わせは鉄板ですよね(笑)

 

PAP_0023.JPG

 

ということで、市内のゴタゴタした喧騒を

離れること約1時間(車で)

 

やってまいりました、「大窪寺」です。

 

 

この大窪寺、四国八十八箇所の最後の場所

八十八番札所として御存知の方も多いのでは

ないでしょうか。

 

ちなみに玄人はここを、結願寺(けちがんじ)と

呼ぶそうですよ。

 

では、さっそく中へ~

 

PAP_0021.JPG

 

 

 って、門にはこんな怖い顔した人がいますね!

皆さんの周りにはこんな顔した人いませんか?

 

と、冗談はおいて先へ進むとやっぱり参拝の方がいました。

 

 

PAP_0018.JPG

 

 

 

 

 

 

 

小雨がぱらつく天気だったのですが、他にも

お遍路さんなどがこちらに参拝してましたよ。

 

さすがは由緒正しい寺って感じですね。

 

 

 

 

 

 

その先には、巨大な弘法大師様の像がそびえています。

PAP_0017.JPG

そして、その脇にはミニ弘法大師群がっ!!!     激アツですね!

PAP_0016.JPG

 

PAP_0011.JPG

 

・・・あまりふざけると怒られそうなので、真面目に散策

しますね。

 

では、この先の「本堂」にいってみましょう。

 

 

PAP_0014.JPG

 

 

 

 

 

→こちらの「本堂」では参拝の他におみくじや

線香などのアイテムを仕入れることができますよ。 

 

 

 

せっかくなので、元旦でもないのにおみくじ引いてみました  ↓

PAP_0013.JPG

            ・・・・・・ははは(やっぱね)

と、まあこんな感じでしたが

日本の歴史あるものに触れ、情緒ある景色を見ることができたのでとても充実した一日となりました。

 

これを機に、四国八十八箇所巡りでも始めようかなあ(笑)

 

 

 

ちなみに、この大窪寺までの道中にこんなものがありますよ。

PAP_0008.JPG
 
PAP_00019.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら、場所は非常に分かり辛いのですが、さぬき市の前山~多和地区の間に存在しますので

もし見つけられた方は是非名水を味わってみて下さい。(飲む前は沸かしてからお願いします)

このブログ記事について

このページは、フロントMacが2012年6月20日 04:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イサム・ノグチのテーブル」です。

次のブログ記事は「屋島」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0