2012年3月アーカイブ

 

こんにちはޥ日に日に暖かくなって参りますね

春日和に誘われて久しぶりに少し遠出をして参りましたよ~Ҥ褳

「源平の里 むれの道の駅」

むれ.jpg

入り口を開けるとこんなカッコイイ武将が出迎えてくれます餭

むれ 道の駅.jpg

中には地元のお土産物がうどん等の名産品から小物や置物まで、たっくさんございます

中でも私が気に入ったのは888円のうどん名刺ケース

うどん名刺.jpg

この写真だと分かりにくいですが名刺ケースのふたにうどんがデコレーションされています。

名刺交換の時、これならインパクトですね(笑)

中にある海鮮食堂じゃこや様では、新鮮なお魚のメニューがお手ごろ価格で楽しめます

数ある美味しそうなメニューの中でも一際目を引くのがこちら

じゃこ.jpg

新子丼です。新子の獲れるこの時期限定のメニューですޥ

道の駅の敷地奥には海が臨める広場があり、お子様とご一緒のご家族様やカップルに大変オススメでございます。

ちなみに、動物の立ち入りもOKです

芝生で楽しそうに犬達がじゃれ合っている姿にとっても癒された一日でしたԥ󥯥ϡԥ󥯥ϡ

☆うどん県バッチ☆

|

うどん県副知事、要潤さんがCMでつけていた「うどん県バッチ」入手しました!

 
うどん県バッチ.JPG
2月の発売の時は出遅れて完売してしまいましたが・・・。

 

再販売初日にショップに走り購入しました!

 

これで私も正式なうどん県民です(※^^※)У

 

今日のお昼もうどん食べよ♪

                                         フロント BU~

 

津波避難ビルに指定されました。

|

 

東日本大震災より1年となりました。

この震災でお亡くなりになられた方に深く哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りいたします。

また被害に遭われた皆様、並びにご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

津波避難ビル.JPGのサムネール画像

 

私共ホテル川六エルステージは【津波避難ビル】に指定されました。 

免震構造で地震に対する安心安全と津波での避難に有効と判断を頂き、

高松市と協定を結ぶ運びとなりました。

 

高松市内102施設が指定されています。

 

【津波避難ビル】とは・・・

  近い将来、高い確率で発災するとされている東南海・南海地震の

  津波被害において、付近に高台がない被害想定区域内の市民が、

  短時間で避難することができるよう、津波避難ビルを指定するもの。

 

【対象建物の基準】は・・・ 

  津波避難ビルとして指定する建物は、津波浸水区域および

  その周辺に位置する耐震性のある建物であること。

  原則として,2階建て以上の鉄筋コンクリート造や

  鉄骨鉄筋コンクリート造とするが、 

  浸水想定や立地する場所によっては鉄骨造なども対象とする。

 

~お客様からのよくある質問~

|

 

コピー ~ P1000913.JPG

お客様からたくさんの質問をいただきます。

今回はそんな疑問にお応えいたします。

 

   

l         駐車場について教えて下さい。

 

→ホテル敷地内平面とは別に5箇所の契約駐車場があります。

駐車料金はどちらをご利用いただいてもチェックインの15時から翌朝チェックアウトの10時まで800(税込)でお停めいただけます。

契約の駐車場にも平面のところがございますのでご安心下さい。

また駐車場のご予約は承っておりません。ご到着順にてご案内させていただきます。

 

 

 

 

l         マッサージはクレジットカードで支払えますか?

 

→マッサージのご精算はクレジットカードがご利用いただけません。

店舗にて現金のお取り扱いのみとなりまして、領収書も店舗にて発行いたします。

 

 

 

 

l         朝食について教えて下さい。

 

  →朝食は和洋バイキングです。

     本館2階の朝食会場にて朝645分から930分までにご利用下さい。

ご朝食会場へはお部屋着の着用はご遠慮いただいております。

ご出発の早いお客様には、620分よりお弁当もご用意できます(要予約)

 

 

 

 

l         大浴場は無料で利用できますか?

 

→ご宿泊のお客様のみ無料でご利用いただけます。

営業時間は17時より深夜1時までです。翌朝は6時からご利用下さい。

     奇数日が男性のお客様本館1階、女性のお客様本館4階です。

     ご利用の際はお部屋からタオルをお持ち下さい。

 

 

 

 

l         チェックインとチェックアウトの時間は?また門限はありますか?

 

  →チェックインは15時、チェックアウトは翌朝10時です。

     門限はございません。24時間対応いたします。

 

 

 

 

l         チェックインの前に荷物は預かってもらえますか?

 

  →はい。フロントにてお預かりいたします。

  チェックアウト後もお預かりできます。

 

 

 

 

l         高松駅からはどのくらい離れていますか?

 

  →徒歩13分程です。お車をご利用の場合は5分程でお越しいただけます。

 

 

 

 

l         クリーニングのサービスはありますか?

 

  →朝10時までにフロントにお持ちいただくと、17時までに仕上がります。

 

 

 

 

l         宅配便を送ることはできますか?

 

  →フロントにて承ります。(クロネコヤマト / 佐川急便 / ゆうパック)

 

 

 

 

l         こどものガウンはありますか?

 

  →お子様用のガウンはありません。

     添い寝でお申込みのお子様はタオル・歯ブラシのご用意もありません。

 

 

 

 

~その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本伝統漆芸展

|

 

b 漆芸展.JPG
 

 

第29回日本伝統漆芸展が3月7日~13日まで高松天満屋5階美術画廊で開催されています。

 

友人の作品が回覧しているので先日見に行ってきました。

 

ご存知のない方も多いと思いますが、ここ高松は漆芸が有名です。

 

香川の漆芸は、江戸時代松平頼重公が漆器や彫刻に造詣が深く、それに大変力を注いだことに始まります。

 

そして江戸末期に玉楮象谷(たまかじぞうこく)は東南アジア伝来の彫漆(ちょうしつ)、蒟醤(きんま)、存清(ぞんせい)という技法を研究し、独自の技法をつくり、香川漆器の礎を築きました。

 

現在では彫漆、蒟醤、存清、後藤塗、象谷塗の5つの技法が国の伝統的工芸品に指定されています。

 

なかでも蒟醤(きんま)は、香川漆器の最高峰として現在でも受け継がれ続ける独特の技法です。

 

何度も何度の黒漆を塗り重ね10回以上・・・。きんま刀とよばれる彫刻刀で力強く彫り、そこに色漆を埋めていき、それを平らに研ぎ出す技法です。

 

ちょっと簡単に書きましたがこの工程、漆を塗ったり、研いだり、彫ったり、また塗ったり、落としたり・・・

 

時間をかけてちょっとずつちょっとずつの作業が続くようです。

 

決して一気にはしないようです。

 

物にもよるようですが、1つ75日から90日くらいかかるとか。

 

さすが!細かく厳しい作業が続くことを考えれば、やっぱりお値段だけの価値があります。

 

どれも本当に美しい。ここ最近の作品は色合いもやさしく、みず色やベージュの作品も見られます。

 

形もハートだったり、メロンのようだったり、身近に感じる作品が増えてきました。

 

最近はたくさんのものがあふれ、なんでもお手頃な価格で手に入りますが、

 

こんな素敵な器を大切に使うのもいいと思いました。

 

ほんとこんな作品は日常の生活の中に自然に飾れたら素敵です。

 

私も高いものではありませんが漆の器を持っています。

 

陶器や磁器に比べて熱が伝わりにくいので、食べるとき快適です!

 

高級な作品は高松では手に入りにくいのですが、

 

お箸や器・お盆などお手軽に買うことができるものは、お土産屋さんにも並んでいます。

 

せっかく高松に来たのなら、お土産にお1ついかがですか・・・。

 

 この方が玉楮象谷(たまかじぞうこく) ↓↓↓

 b 玉カジ象谷.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川六から徒歩15分の中央公園の南の道路側で見ることができます。

 

 

 

☆八日目の蝉☆

|
こんにちは。日に日に春めいて参りますね

栗林公園では梅が見ごろを迎え、とても綺麗です

梅2.jpg

 

さて、話は変わりまして

日本アカデミー賞で「八日目の蝉」が最優秀賞を始め、最多10部門を受賞され話題ですね

実は香川県の小豆島がロケ地でございます。

春休みは、「映画のロケ地巡りの旅」なんていかがでしょうか

いくつか名シーンのロケ地をご紹介させて頂きますå

希和子と薫が警察に捕まる福田港です

映画の重要なシーンですね。

福田港.jpg

写真を見ただけではただの小さな港ですが、映画を見た後なら感慨深いものがあるのではޥと、思います。

出演者のサインも飾っているそうですよ餭

 

希和子と薫が学校ごっこをした建物

学校2.jpg

こちらは「二十四の瞳」のロケ地として残っている小学校の建物です。

実際に校内に入れますよ。

下駄箱もちゃんとあり、教室は2部屋程ですが、机や椅子も並んでおります。

ロケ地という事を抜きにしても、大人になって教室に入るのは楽しいですよ~ǭ

 

2人が歩いたエンジェルロード

エンジェルロード.jpg

こちらは幸せになれるパワースポットでもあり、カップルに大人気です˺֥ϡ

凱旋上映も決定したそうなので、この勢いに乗って小豆島もプチブームになったらいいなぁǭ

ひなまつり

|

はい。もたもたブログネタを考えていたら完全に

別のスタッフとブログネタがかぶってしまったフロントAです。

 

あまり、雛祭りなんて興味がなかったんですが、

フロントA、夏にはパパになるので、よし!娘の為に(まだ男か女か判明してませんけど)

今の内から雛祭りについて勉強しておこうと

思い立ち出かけてみました。(本当は奥さんからの誘いで出かけました)

 

今回、ご紹介するのは香川県引田町にある

今年で第10回目になる"引田ひなまつり"です。

町全体で雰囲気を作っていて、いたる所に雛人形が飾ってあり

大変楽しかったです。

 

IMG_0609.JPG

町の中にはこんなにかわいい人形達がいたる所で

お出迎えをしてくれます。

IMG_0610.JPG

なにやら女の子がお参りをしています。

近づいてみると!?

IMG_0612.JPG

境内の中には華やかに人形が飾られていました。

IMG_0615.JPG

また引田町のある東かがわ市は手袋の製造シェア9割の"手袋の町"としても

有名なので、古い町並みを利用した手袋ギャラリーも存在します。

IMG_0616.JPG

中に入ると手袋で作った花のオブジェ等が

飾ってあり、大変ユニークな雰囲気をかもしだしています

 

IMG_0619.JPG

また町の中ほどに讃州井筒屋敷があり

こちらがメイン会場の役割をしており

出店や、いろいろなイベントが行われていました。

IMG_0622.JPG

絵手紙教室も開かれており

子供たちが一生懸命に水彩絵の具を使い描いていました。

IMG_0624.JPG

こちらは、ほんの一例です。 

IMG_0635.JPGのサムネール画像
IMG_0632.JPGのサムネール画像

IMG_0630.JPG

IMG_0632.JPG

会場には香川県では、有名な"おいり"や

引田の和三盆をつかったお菓子が販売されていて

とても美味しそうでした。

 

 

IMG_0636.JPG

引田の古い町並みに彩られた雛人形たち。

初めて訪れてみましたが来年もぜひ来たい!と

思えるようなひと時でした。

 

ひなまつり♪満喫(^^)/

|

3月3日はひなまつりですね。

 
丸亀ひなかざり.jpg
2月初旬に丸亀駅でお雛様が飾られたのを見て「もうそんな時期なんだな」と思いました。

私も昔は雛人形を飾ってお祝いしていましたが、

大きく育ってしまった今ではそういうこともなくなりました。

 

 

 

 

 

高松ひなかざり.jpg

 

  

そして先日JR高松駅構内に幼稚園児の作ったひな飾りがお目見えしました。

これを見てまたまた春が近い事を思ってほっと心が和みました。

 

大きくなると毎日に追われ伝統的な行事が疎かになってしまう現実を実感しましたが・・・。

  

これだけは忘れません(※^^※)→

雛ケーキ.jpgのサムネール画像

「お雛様のケーキ」

かわいい器に入っていておいしかったですよ~!

 

やはり私は食にはしってしまうようです。

 

わたしのような食いしんぼさんでもお雛様を満喫できるスポットをひとつ。

 

屋島にある四国村では3月25日まで

「四国村のひな祭り」

を開催しています。

 

香川県内から寄贈された雛人形をみることができますよ。(※入園料がいります)

 

そして四国村には以前紹介させて頂きましたおうどんや「わら家」もあります。(「わら家」は四国村に入らなくても利用できます)

 

四国村HP http://www.shikokumura.or.jp/

 

お雛様をみたあとはうどんでお腹いっぱいになってくださいませ。

 

                     フロントBU~でした。

このアーカイブについて

このページには、2012年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年2月です。

次のアーカイブは2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0