2010年9月アーカイブ

讃岐映画特集!!!!!!

|

こんにちは、フロントAです。

今日は香川県を舞台にした讃岐映画をご紹介したいと思います。

 

香川県を舞台にした映画は多々ありまして今回は、香川出身で踊る大捜査線シリーズでも

有名な本広克行監督の映画をご紹介致します。

 

『サマータイムマシンブルース』

善通寺市の四国学院大学を舞台にした"ヨーロッパ企画"の舞台を、瑛太や上野樹里ら若手俳優陣を迎えて映画化した青春SFコメディです。ある大学のSF研究会のメンバーが突然現れたタイムマシンでクーラーのリモコンを取りに過去へ戻るという話です。大学生ならではのノリが楽しくまだまだ無名だった頃の瑛太や上野樹里、真木よう子等の豪華俳優陣も注目です!個人的にはビダル〇スーンの無くなるシーンなんか、とても笑えました☆

 

『udon』

 さぬきうどんの聖地・香川県を舞台に、うどん屋の息子が愛すべき仲間たちと共に巻き起こす騒動が、彼とうどんを取り巻く人々の心を動かすハートウォーミングなストーリー。さぬきうどんという"ソウル・フード"を軸に、家族や故郷といった人間の根差すものに関してあらためて考えさせられる、ウェルメイドな娯楽作品です。地元で有名なタウン情報誌をモデルにしたり、実在する有名うどん店が出てきたり、第二次うどん巡りブームを巻き起こした有名作です。地元香川県民が見ても楽しめる内容になっており、ぜひ見て欲しい一本です。

 

『曲がれ!スプーン』

サマータイムマシンブルースに引き続き劇団・ヨーロッパ企画の舞台を長澤まさみ主演で映画化したコメディファンタジー。超常現象を扱うバラエティ番組のダメADと、"カフェ・ド・念力"に集う個性豊かなエスパーたちが繰り広げる大騒動を描く。
こちらも善通寺市が舞台となっており心温まる作品となっております。とにかく笑える一本です。

 

今回は本広監督の作品をご紹介致しましたが、香川県を舞台にした作品はまだまだあります。

またの機会がございましたらご紹介させて頂きたいと思います。

今年も「きき酒会」の季節になりました!!

|

今年も「香川の地酒・きき酒会」の季節がやってきました。

例年好評の香川の地酒を無料でお楽しみ頂けます。

毎年、このイベントを楽しみにしている人も多いようです。

aki1.jpg

そもそも始まりは10月1日が「日本酒の日」からこのイベントが始まりました。

 

 「日本酒の日」のうんちく。。。

10月1日がその日にあたるその根拠とは?

酒に関する漢字-酌、酔、酩、鏐、醸・・・・にはツクリ「酉(とり)」が共通しています。

「酉」は酒壷を表す象形文字で、古代にさかのぼるにつれて下のほうがだんだんとすぼみ、その昔、酒を熟成させるために用いた酒壷の形のようにみえます。

もとは「酉」だけで酒を意味していましたが、後の液体に表す"サンズイ"がついて今の酒という字になったといいます。


この"酉"は、十二支の中の10番目の"酉"としても使われています。

酉の月は10月の新穀の実る月であります。その穫り入れた新穀を使い、

酒造りを一斉 に始めた月なので「酒の月」ともたされました。

そこから 10月から翌年の9月までを酒造年度としていたようで、

酒造元日である10月1日が「日本酒の日」となりました。

 

開催期間:10月2日(土)、3日(日)

開催場所:栗林公園内商工奨励館

参加費:無料(ただし栗林公園入園料が必要)

お問合せ先:(社)香川県物産協会高松支部

TEL:087-833-7411(代)

瀬戸内芸術祭 女木島・男木島へ行ってきました。

サンポート高松港より めおん号にて 女木島へ20分。

赤鬼と多数羽のかもめのオブジェ(遠目に本物かと見間違う)に迎えられます。

P1010870.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

福武ハウスの世界のギャラリーや昔の漁師屋や納屋と芸術の融合は結構楽しめます。

 

女木の大洞窟や女木港のモアイ像

(タダノさんがイースター島のモアイ像修復を
手掛けた時のテスト用に作ったモアイ像)も面白いです。

モアイのサムネール画像

 

 

 男木島は 
めおんを降りれば 「ジャウメ・プレンサ」作の交流館(作品NO.43)が迎えてくれます。


男木島の漁師町の町並(坂道の階段の町並)を芸術と融合も面白いです。
 かつて民家や馬小屋だった廃屋の独特の雰囲気に、素朴でどこか懐かしい竹の調べが奏でられます。(作品NO.47)

 

男木島に 映画の舞台にもなった

 「御影石作り・日本の灯台50選」に選ばれた

男木島灯台のサムネール画像

 【男木島灯台】にも足を延ばしてみてはいかがでしょう。

(時間と体力に余裕があれば)

 

 

追伸 : 島のアート見学に 芸術祭スタッフのどんどん声を掛けて上げて下さい。優しく丁寧に案内してくれますヨ。

 

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0