瀬戸内国際芸術祭 ⑤  ~女木島について学ぼう~

|

女木島とは・・・

 

■高松港の約4キロに位置する人口190人余りの小さな島。

■人口の約半数が第1次産業に従事し、白砂青松の美しい溶岩島。

 

名前の由来・・・

 

■いくつかの説はあるが、那須与一が射落した「めげた(壊れたの意)」扇の一部が流れ着いたことから「めぎ」と呼ばれるようになった。

 

見どころ・・・

 

■鬼ヶ島大洞窟:昭和5年に発見された、島の中腹に位置する巨大洞窟。桃太郎伝説に出てくる「鬼」の棲んでいたといわれる居間や、番人の控室などもある。

■女木島海水浴場:環境省選定の「快水浴場百選」に指定された砂浜300mにわたる海水浴場。高松や屋島も一望できる。

■オオテ:島の集落に「オオテ」と呼ばれる石垣がある。民家の屋根まで覆うほどの防風防潮用の石垣。開催中の瀬戸内国際芸術祭のアートのひとつとして見どころになっている。

ミナト.JPG

 

このブログ記事について

このページは、naokoが2010年8月25日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏バテ防止のための7つの習慣」です。

次のブログ記事は「女性必見!! 川六の近くに女性1人でも入りやすいたも屋ができたよ(^_^)☆★」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0