瀬戸内国際芸術祭 ④

|

 

瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック6月15日発売開始

クリックしてサンプルを閲覧

 

ついに瀬戸内国際芸術祭2010の公式ガイドブックが6月15日に発売されました。

各島で展開される作品やイベント、島々を巡るためのアクセスなどの基本情報に加え、参加アーティストによる書き下ろし絵本ページや付録シールなどの特典ページが満載。「アートと海を巡る百日間の冒険」に必携の一冊です。

川六近くの紀伊国屋書店さんや宮脇書店さんにも入荷してます。 

 

美術手帖2010年6月号増刊
瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック「アートをめぐる旅・完全ガイド」

  • 出版社美術出版社
  • 発売日|2010年6月15日
  • 価格|1260円(税込)
  • ページ数|A5判224ページ 付録シール付き
  • 主な内容
    作品ガイド&マップ、イベントガイド、芸術祭の歩き方、宿泊情報、島の絵本(ジョゼ・デ・ギマランイス、大竹伸朗、青木野枝、木村崇人、大岩オスカール、河口龍夫、田島征三、柳幸典)、島をめぐるエッセイ(いしいしんじ[作家]、曽我部恵一[シンガーソングライター]、天久聖一[マンガ家]、本広克行[映画監督])、付録(7つの島日記 シールブック)など

 

2010年7月19日(海の日)のスタートに向け続々と作品が完成しております。

川六でも期間中有効の全ての施設(一部施設は追加料金要)に1回入場できるフリーパス券を5000円で販売しております。

7つの島を舞台としたアートの世界をぜひこの夏ご体験下さい。

駆け足なら3日くらいで全島を見る事もできますが、ゆっくり満喫するには余裕をもって1週間くらいのご予定を立てることをお勧めします。

宿泊先には高松港まで車で5分、高松アーケードの飲食店街まで歩いて30秒のホテル川六エルステージをよろしくお願いします。

早くも人気の和室は残り少なくなっている日もございます。お早目のご予約をお待ちしております。

このブログ記事について

このページは、naokoが2010年7月 9日 17:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「門入の郷」です。

次のブログ記事は「夏バテ解消ストレッチをしてみました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0