門入の郷

|

どうも温泉大好きフロントAです!

 

今日は高松から東にある寒川町のカメリア温泉に行ってきました。

 

ダム.JPGのサムネール画像

 

カメリア温泉は、ダムと温泉と山の中にある芸術的な建築物が集まった門入の郷(もんにゅうのさと)という

スポットに存在します。

 

車で走っているとまず門入ダムが見えてきます。このダムの周辺には、岬の公園・水辺の公園が整備されています。

 

 

 

 

ダムを過ぎてしばらく走っていると素朴な山風景の中に、突如赤とグレーの全長72メートルの近代的なアーチ橋が表われます。この橋は門入ブリッジといい対岸の「カメリア温泉」と「椿の城」を結んでいます。

橋.JPGのサムネール画像
 

  

次に椿の城をご案内します。自由な発想で遊べる空間を演出している建物です。屋上には寒川町の町花木である「ヤブツバキ」が植えられており、城全体を巨大な植木鉢に見立てているそうです。

 

城1.JPGのサムネール画像

 

 

天空の城ラピュタに出てきそうな雰囲気のあるお城です。 

緑と水に囲まれ野鳥の声も聞こえて自然と調和してます。 

 

 

 

 

  

城2.JPGのサムネール画像

 

 

城の中は迷路のようになっていて、読書ルームや石のモニュメントがあったり、とてもユニークです☆

これらは、なんと「日本建築美術工芸協会特別賞」を受賞した、芸術的な建築物なんですね。

 

 

 

さてここで肝心のカメリア温泉です。 ラドンを豊富に含んだ泉質の温泉で、神経痛や冷え性、アトピーにも効果があるそうです。

浴室・サウナの他に休養娯楽室・機能回復訓練室・食堂や、多目的ホールや会議室もあります。

ちなみにカメリアとは町の花木である「ヤブツバキ」を英語名で「Camellia」(カメリア)から命名された様です。

 

気になる方は一度足を運んでみてはどうでしょうか!?

このブログ記事について

このページは、フロントYが2010年6月22日 02:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「暑い夏が近くなってきました。ビールの季節です!!」です。

次のブログ記事は「瀬戸内国際芸術祭 ④」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0