龍馬と塩飽諸島

|

 

 

9kala52100g8kqtufnrtuf731000000.jpg
龍馬伝、みなさん見てますか?

福山雅治かっこ良いですよね☆

 

このドラマのおかげで今、坂本龍馬に関する書籍や、ゆかりの地が大人気となっておりますが

福山雅治演じる坂本龍馬に関連する地は、何も土佐(高知)だけではなく

私共ホテル川六がある香川県にも実はとても深く関連しています。

 

みなさんは塩飽諸島をご存知でしょうか?

岡山と香川に挟まれた瀬戸内海の諸島で、大小合せて28の島々から成る諸島です。

 

さてこの塩飽諸島、どう龍馬と関わりあるのでしょうか!?

龍馬が日本第一の人物と認め師と仰いだ"勝麟太郎"(海舟)と江戸幕府の軍艦"咸臨丸"と

実は深く関わり合いがあるのです。

咸臨丸が渡米するとき、幕府はおもに瀬戸内海の塩飽諸島(しわくしょとう)の漁夫を徴用して船員に使ったそうです。

 

平安時代から塩飽海賊の名で知られ、源平時代には水軍として活躍し、足利時代には倭寇となって

朝鮮、シナ沿岸から遠く南方海域にまで出没して怖れられ、

性、勇武、しかも「操船の術、塩飽のひとをもって最精となす」と言われたそうです。

塩飽諸島で航海訓練を行った咸臨丸はその後、渡米し幕府の船として始めて太平洋を往復するという

快挙を達成したのです。

この塩飽諸島の船員達は咸臨丸のあとに順同丸に引き継ぎ、龍馬に船の動かし方を教えた事で

有名となっています。

 

咸臨丸に深く関わり合いのある、この塩飽諸島ですが2010年7月19日(海の日)から100日間に渡って

開催される国際的イベント "瀬戸内国際芸術祭2010" の舞台会場の一つとなっております。

瀬戸内海を舞台としたこの大イベントについては、随時またブログ等でお知らせしていきますので

乞う、ご期待下さい!!

 

 

 

 

 

 

 

このブログ記事について

このページは、フロントYが2010年4月11日 16:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「瀬戸内国際芸術祭 ②」です。

次のブログ記事は「おもてなしのこころ>」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0