庵治石のご紹介文を掲示しました!

|

1階 大浴場につきまして、お客様より「せっかく香川を代表する庵治石を使っているのに説明文を表示すれば・・・・。」とご意見を頂きました。

お待たせ致しました。1階大浴場(ろくの湯)に庵治石のご紹介文を表示いたしました。

40CV4617.jpg
では表示内容を少しお伝えします。

 

「香川県高松市の東に隣接する石の里は、山全体が花崗岩の層からなる八栗五剣山にいだかれた牟礼町・庵治町にまたがり、そこから庵治石は産出されています。庵治石は、日本三大花崗岩の一つとしても知られ、今では、世界でも花崗岩のダイヤと呼ばれて高く評価されている石材です。正式名称は「黒雲母細粒花崗閃緑岩」で、主成分は石英と長石、そこに少しの黒雲母が含まれているため、庵治石には「フ(斑)」と呼ばれる珍しい表情が現れてきます。また、水晶に近い硬度を持つことも庵治石の特徴です。 ひとつ一つの結晶が小さく、緻密であることから他の花崗岩とは比較にならないほど細かな細工を施すことが可能です。」

 
map.gif
 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

このブログ記事について

このページは、フロント ミィが2010年3月28日 01:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お花見情報  志度の観光と自然を満喫してください!!」です。

次のブログ記事は「瀬戸内国際芸術祭 ②」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0