フロント tomo: 2013年9月アーカイブ

不在の存在 お一人様¥300

 

誰も歩いていないのに音と足跡が現れる庭など

レストランも併設してあります。

 

2013-08-28-19-45-29_deco.jpg

 

 

 

再びバスで中心部へ

 

 

レアンドロ エルリッヒ

 

レストラン イアラ女木島

注文してから 館内を観察できるので時間を有効に使うことができよかったです。

食事も美味しく満足

 

 

 

2013-08-28-21-27-27_deco.jpg

 

お腹いっぱいになり、 オオテ 

 

   港周辺の海岸沿いに立ちはだかる石垣、オオテ。

 

 

 

2013-08-28-18-02-37_deco.jpg

 

カモメの駐車場 港にずらりと並んだ約300羽のカモメ

風が吹くと方向を変えるカモメたち。

 

2013-08-28-19-22-50_deco.jpg

 

ポイント

中にひねくれもののカモメがいます。

一羽、二羽だけ風に逆らって違った方向へ

むこうとするカモメがいますよ

20世紀の回想

グランドピアノとその上にたつ4本の帆で構成されたインスタレーション。

モアイ像は、個人的大好きなので今回一番の楽しみでした

 

 

 

2013-08-28-17-40-35_deco.jpg

 

 

2013-08-28-21-35-08_deco.jpg

 

 

今回こんな感じで回ってきました。

芸術際のチケット購入してなくても現地でいろいろ見ることも

できますし、楽しめます。

 

 

 

看板があるので道などすごく分かりやすかったです。

お店の方など親切で安心して過ごせます。

バスなど出発時間前になると声をかけてくれるので助かりました。

2弾 「行ってみたらこんなとこだった・・・・」を

また報告したいと思います。

 

普段では、あじわうことの出来ない体験を是非してみてください。

すごく楽しい旅になりました

 

☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★

 

☆瀬戸内国際芸術祭☆in 女木島

|

 

瀬戸内国際芸術祭に行ってきました。

秋の芸術祭が10月5日よりはじまります。

実際に体験してきた感想を皆様にお知らせしたいと思います。

 

今後の参考になれれば光栄です☆

 

名づけて 行ってみたらこんなとこだった・・・をテーマに実際に行ってみて

芸術作品やアートを肌で感じたことを報告したいと思います。

 

第1弾は 「女木島」。

女木島は、島の中服にある巨大な洞窟に昔鬼が住んでいたと言われて

おり別名「鬼ヶ島」とも呼ばれています

 

回の訪れた場所を紹介したいと思います。

まず、高松港~女木島 ☆船で約20分で到着☆

                    お一人様 往復¥720

 

2013-08-28 09.50.36.jpg

2013-08-28 10.24.42.jpg

 

女木港のすぐ近くに 鬼ヶ島 おにの館があります。

ここは、すごく便利です。

 

 

 

 

 

 

 

食堂併設

鬼伝説の資料展示

 

☆ポイント☆

レンタルサイクルの貸し出し

コインロッカーあり

洞窟行バスのチケットを販売してます。

洞窟まで歩けば 30分ほど かなり急な坂があるので体力に自信がある方

歩くの好きな方にはオススメです。

 

2013-08-29-10-30-43_deco.jpg

 

 

チケットを買い 「鬼ヶ島大洞窟」へ

 

(バス代)

お一人様 往復¥600 約10分 

 

鬼ヶ島大洞窟 見学料 

 お一人様 ¥500

 

 

2013-08-28 10.36.32.jpg

 

2013-08-28 10.43.22.jpg

 

この時期 洞窟の中は、ひんやりして気持ちよかったです。

洞窟の中に

 

フィリップ・アルタス作品

カタツムリの軌跡

オニノコプロダクション

オニノコ瓦プロジェクトなどもみることができます。

 

香川県の伝統工芸品のひとつ鬼瓦。

 

 

 

 

 

鷲ヶ峰展望台

大洞窟から遊歩道を登るとあります。

 

☆ポイント☆

なかなかの絶景です☆

 

2013-08-28-17-53-38_deco.jpg

 

 再び中心部へ

続きは次回アップしますので お楽しみに★