フロント tomo: 2012年6月アーカイブ

こんにちは(^▽^)/うどん県民のフロントBU~です。

ひさしぶりに日曜日にお休みをとれたので、うどん屋巡りに行って参りました!

最初のお店は高松市鹿角町にある「中西うどん」

朝早くから開いているセルフの有名店です。

お昼前でしたので、比較的空いていました。お店を立て替えたばかりでとても綺麗です。

早速かけうどんの冷を注文。イリコ味のおだしでとても美味しかったです。※余りにもお腹が空いていたので写真を撮り忘れました m(_ _)m

 

 

 次は仲多度郡まんのう町にある「東の里 百円食堂」

土日祝のみ営業していて、店内にあるおかずはほぼ百円の食堂です。※(百円でない商品もあります)

先日某TV番組で紹介されているのを見てとても気になったので早速行って来ました。

TVで見たとおりとても山奥にあり初めての人は迷うかもしれません。

東の里 食堂入口.jpg

お昼1時頃に到着。入ってみると・・・棚にはほぼ何もありませんでした。

東の里 棚.jpg

ですがお目当てのうどんは残っていました。

東の里 豆ご飯.jpg

残っていた豆ご飯とたくあんの炊いたんを食べて、うどんが茹で上がるのを待ちました。

東の里 うどん.jpg

左がしょうゆうどん、右がかけうどんです。程良くコシがありました。満足です(※^^※)

東の里 たぬき.jpg

東の里 金次郎.jpg

東の里には骨董も置いてありました。パラダイスみたいです。

 

きなこソフト.jpg

ちょっとブレイク。東の里の近くの「エピアみかど」で売っていた「きなこソフト」です。

 

あと1店行きたくて、でもお昼3時前になり開いているお店も少なくなってたのでどうしようかと高松市内を迷走していたのですが・・・。

そんなときに最適なお店を思い出しました。

高松市多賀町「うどんバカ一代」

このお店は川六からも比較的近いのでオススメですよ。

夕方4時ごろ到着。

 

ばか一代 釜バター.jpgのサムネール画像

「元祖釜バターうどん」 黒胡椒がきいています。

ばか一代 ぶっかけ.jpg

私は「ぶっかけの冷」を食べました。

トータルうどん3杯+ソフトクリーム+豆ご飯とたくあんの炊いたん一口平らげました。

今度は何処に行こうかな?

7月2日はうどんの日です。みなさんもうどん県にきてうどん県民になりましょ~(^^)У

フロントBU~でした。

 

 

 

 

美郷のホタル

|

もう6月ですね。

フロントBU~はこの時期になると気になることがあります。

それは「ホタル」です。

生まれてこのかた私は一度もホタルを見たことがありませんでした。

ここ数年特に見たい気持ちが高まって、「見に行こう!」・・・と思いながらなかなかスケジュールの関係で行けずにいました。

しかし!

今年こそはと思い先日見に行って参りました。

場所は徳島県の美郷。ホタルの生息地として国の天然記念物になっているそうです。

到着したのは午後7時前。まだ明るいです。

 

蛍館.jpg

 

蛍館の看板 (1).jpgのサムネール画像
美郷ほたる館です。ホタルの事や美郷の歴史についての展示をしている建物です。

美郷ほたる館hp http://www.tcu.or.jp/misato/hotaru/

        

入館証.JPG
ほたる館の入館証です。木で出来ていて記念にもなります。

 

第26回美郷ほたるまつり 平成24年6月2日(土)~6月17日(日)

 

ちょうどほたる祭りが始まったこともあり、ほたる館前ではファイヤーダンスのイベントをしていました。

 

 

ファイヤー2.jpg

情熱的な踊りに魅了されました。

ダンスが終わり、しばし館内を見学。ちょうどいい暗さに日が暮れてきた頃、ホタルがよく見られる鑑賞ポイント目指して川沿いを歩きました。

程なく、人々の歓声。

ホタルの淡い光が目の前にありました。

まだ、それほど飛んではいませんでしたが見られた事に感動しました。

ホタルの光は私の心に焼き付いております。

 

 

なると金時アイス (1).jpg
そして帰りに近くの美郷物産館でアイスを食べました。

なると金時アイス、私好みでめちゃうまでした(※^〇^※)

美郷物産館HP http://www.tsci.or.jp/misatoya/

 ほたるまつり期間中は夜間営業してます。(10:00~21:30)

 

香川県でもホタルのイベントがあります。

第31回しおのえホタルまつり

2012年6月9日(土) 14:00-21:00

塩江町自然休養村センター前広場で開催されます。

しおのえほたるまつりHP  http://e-shionoe.dreamblog.jp/

 

 みなさんもホタルをみて自然の大切さを感じてくださいませ。