■入社のきっかけは?
もともとホテルの仕事に興味がありました。ホームページを見た時にスタッフ同士の仲が良さそうな笑顔の写真をみて応募を決めました。
■実際に入社してみてギャップはありましたか?
特にギャップは感じませんでした。異業種からの転職で不安な部分もありましたが、先輩方も気さくな方が多く、優しく声をかけてくれますし、わからないことは聞きやすい雰囲気なのでとても働きやすい環境だと思いました。
■どんな時にこの仕事の楽しさを感じますか?
やればやるだけ評価してもらえる会社なので、積極的に仕事をして評価された時はとても楽しくやりがいを感じます。私自身も入社6年目で川六初の20代支配人になることができました。
■今後どういったキャリアを積みたいと
考えていますか?
次は最年少で部長になることです!そして地域No1のホテルを目指します!!
■思い出に残っているエピソードは?
川六では毎年社内旅行に行くのですが、その中でも石垣島は特に思い出に残っています。ビーチを眺めながらお酒を飲んでゆっくり過ごす時間、そして海でのアクティビティ。非日常を経験できる社内旅行は毎年良い思い出になります!!
■これから入社する方へ
川六はスタッフの力を最大限に引き出してくれる会社です!自分の力を発揮して、一緒に川六を盛り上げていきましょう!
■入社のきっかけは?
私は元々ホテル専門学校出身でしたが、社会に出てホテル業から遠ざかっていました。もう一度チャレンジしたいと思い入社しました。
■実際に入社してみてギャップはありましたか?
いい意味でギャップがありました。ビジネスホテルってドライな接客のイメージでしたが、実際はお客様との距離も近く、スタッフもお客様に喜んで頂きたいという思いの強い方ばかりでやりがいがありました。
■どんな時にこの仕事の楽しさを感じますか?
川六ではお客様アンケートの回収に力を入れているのですが、そのアンケートに「ありがとう」や「助かりました」などお客様からのお褒めの言葉を頂いた時にやりがいを感じます。
■今後どういったキャリアを積みたいと
考えていますか?
もっと接客を極めて、「熊本に泊まるならエクストールイン以外ありえない」と言って頂けるようなお客様をもっと増やしていきたいです。
■思い出に残っているエピソードは?
チェックインの際、「朝食で使っている取っ手付きの味噌汁椀はどこで買えるのかしら?凄く使いやすいかったから孫に買ってあげたくて」とのお問い合わせがありました。その場では分からなかったので、お調べして資料を印刷し、お渡ししたところ、「まさかここまでしてくれると思わなかった!ありがとう!すぐに買いに行ってみます」との嬉しいお言葉を頂きました。
■これから入社する方へ
川六はお客様、スタッフ、社長とも距離の近い会社です。一緒に地域で一番のホテルを目指して頑張りましょう!
■入社のきっかけは?
もともとホテルが好きで、ホテルマンに憧れていました。応募する際HPの口コミを参考にしていたのですが、川六は1件1件頂いた口コミへお返事をしていたことが決めてになりました。
■実際に入社してみてギャップはありましたか?
ホテルフロント=クールというイメージでしたが、挨拶も大きく、笑顔がいっぱい。スタッフ同士も仲がよく、アットホームでした。
■どんな時にこの仕事の楽しさを感じますか?
お急ぎのお客様、ビジネスホテルが初めてのお客様、外国の方など、毎日たくさんのお客様とお会いしますが、その場その場に応じた対応ができた時、なりたかったフロントマンに近づけた気がします。
■今後どういったキャリアを積みたいと
考えていますか?
外国語の習得を目指したいなと思っています。
■思い出に残っているエピソードは?
研修時、初めてお客様を相手にチェックインした時に頂いたアンケート。緊張しすぎててどもって笑顔もなく、声も小さかったと思いますが、懸命にご案内しました。翌日頂いたアンケートには一つ一つの項目に花丸がつけてあり、お客様からの「がんばって!」のエールのように感じました。大切な思い出です。
■これから入社する方へ
不安も大きいと思いますが、一つずつ丁寧に学べる環境です。挨拶のこだまを一緒に作っていきましょう。
■入社のきっかけは?
大学の合同説明会で友人に紹介されて初めて川六を知りました。その時、「お客様と従業員が共に、満足できる会社を目指して、これから大きく成長して行く会社です。」というお話を聞きました。その言葉が情熱的だったので、川六に惹かれました。
■実際に入社してみてギャップはありましたか?
いい意味でありました。私が入社してから2ヶ月ほどで、会社のシステムの一部が、変更になりました。そのおかげで、以前より格段に速く仕事ができるようになりました。想像していたよりも、ものすごいスピードで会社が良い変化をしていく体感をして、本当に驚きました。
■どんな時にこの仕事の楽しさを感じますか?
お客様からいただくアンケートのお言葉です。お客様からお褒めの言葉をいただけることは、本当に嬉しくて、心の中でガッツポーズをしながら、次も頑張ろうと感じます。
■今後どういったキャリアを積みたいと
考えていますか?
目標は、3年で副支配人、5年で支配人を目指すことです。最年少支配人の記録を更新できるように、日々成長していきたいです。
■思い出に残っているエピソードは?
経営計画発表会という会社の一大行事で、新人代表挨拶を任されたことです。参加することも初めてだったので、不安と驚きでいっぱいでした。ですが、当日は無事に挨拶もでき、会社の内外の方から「いい挨拶だった」と言っていただけたのが、一番心に残っています。
■これから入社する方へ
刻々と変化していく川六で一緒に成長していきましょう。

エントリーする

このページの一番上に戻る